内視鏡検査

診療日カレンダー

Doctor's File

患者の気持ち

携帯サイトQRコード

かわかみ小児科

当院では、胃・大腸内視鏡検査をおこなっております。
できる限り小さなうちにがんを発見(早期発見)するために、最新式の拡大内視鏡が付いた電子内視鏡システム、デジタルX線装置、高画質超音波画像診断装置などを導入し、豊富な実績を持つ専門医が迅速かつ正確な検査をおこない、最善の医療を提供しております。
当院での内視鏡検査は、患者様に可能な限り苦痛の少ない検査をご提供致します。

よく"無痛内視鏡検査"と文句がありますが、人体にカメラという異物が入っていくので全く苦痛がないというのは非現実的です。 カメラ検査の苦痛感は、胃カメラは「ウエッ」となる感じだったり、大腸カメラは腹痛です。ただこれらの感じ方は、おひとりおひとりで違います。

そこで当院では患者様のご要望によって胃カメラや大腸カメラのご負担をいかに少なくするか検査のやり方を工夫してご提供致します。
また希望される方には軽い鎮静剤を使用し、寝ている間に検査をすることも可能です。

当院では、最新の内視鏡システム「オリンパス社の内視鏡機器290シリーズ」を導入しています

大腸内視鏡検査について

大腸内視鏡検査

いわゆる大腸カメラと言われる検査です。当院では直径12mmの内視鏡を採用しています。大腸は肛門から直腸、S状結腸、下行結腸、横行結腸、上行結腸、盲腸となっており、カメラは肛門から挿入し大腸の一番奥となる盲腸まで挿入し、すべての大腸の内腔を観察していきます。
大腸カメラとは肛門から内視鏡を挿入し、全大腸を観察する検査です。
当院の大腸内視鏡検査は患者様にやさしい検査をモットーとしております。

つまり痛みの少ない検査をご提供いたします。以前、他院で検査を受けて、とても痛かった方や全大腸を観察できなかった方など、当院の内視鏡専門医が検査をさせて頂きます。

検査方法

炭酸ガス送気装置(UCR)を導入しております

大腸内視鏡検査後の「お腹の張り」などの不快感を和らげます

従来の大腸内視鏡検査では空気を使用していましたが、 検査後に大腸内に充満した空気の影響で「お腹の張り・痛み・違和感」などを伴うことが多くありました。
これにより「内視鏡検査は辛い・苦しい」というイメージにつながり、敬遠されていた方もいらっしゃるかと思います。
当院では検査後の苦痛を軽減するため「炭酸ガス送気装置(UCR)」を導入しております。

炭酸ガス送気装置(UCR)について

炭酸ガス送気装置(UCR)

従来の大腸内視鏡検査では空気を送りながら検査(観察)をしますが、検査中に送られた空気が検査後も腸内に残り腹部の不快感を訴える方がおられました。
炭酸ガス送気装置は、空気の代わりに炭酸ガスを注入する機器です。
炭酸ガスは空気と比較して腸管内で速やかに吸収される特性があるため、内視鏡検査後の苦痛(お腹の張り・痛み・違和感など)を大幅に軽減することが可能となります。

ページトップへ