循環器内科

診療日カレンダー

Doctor's File

患者の気持ち

携帯サイトQRコード

かわかみ小児科

高血圧・不整脈(ペースメーカー・埋め込み型除細動器管理)・狭心症・心筋梗塞・心不全・心臓弁膜症・閉塞性動脈硬化症・動脈硬化症など

循環器内科とは

健康診断

循環器内科とは血管(動脈、静脈)の病気と心臓の病気を扱う専門科のことです。

詳細な問診と検査などを行い、患者様に分かりやすくご説明し納得していただいた上で治療、診察を進めていくよう取り組んでいます。

また、診察の結果で一刻を争う場合には、迅速な処置を行います。
健診などで異常を指摘された方、どこに相談に行ってよいか悩んでいる方はいらしてください。
高血圧や糖尿病などの持病をもつリスクの大きい方は、定期的に循環器内科の診察を受けることをお薦めいたします。

狭心症・心筋梗塞

現在、日本人の死因は第2位を心臓病が占めており、その多くが虚血性心疾患という名で総称される狭心症や心筋梗塞です。 この疾患は心臓に血液を供給する冠動脈が動脈硬化によって狭窄し、心筋に十分な血液が送られなくなってしまうために起こります。
この動脈硬化には高血圧や高脂血症、糖尿病、肥満などの生活習慣病が関わっており、ある日突然心臓発作に襲われて死に至るケースもあります。

しかし、この虚血性心疾患は予防できない病気ではありません。
当クリニックでは動脈硬化測定器を使い、詳しく検査を行っています。

高血圧症

ほとんどの場合、発症の原因が特定できない本態性高血圧です。 遺伝的素因と生活環境が複雑に絡み合って発症すると考えられていますが、詳しいことは分かっていません。
高血圧は生活習慣病の代表と言える病気で、血圧を上げる要因として以下が考えられています。

また、腎臓や内分泌、血管系の疾患、神経の病気などは高血圧の原因が明らかなもので、二次性高血圧と呼ばれています。

頚動脈エコーの必要性

動脈硬化を調べるのに一番良い方法が頚動脈エコーです。
頚動脈とは、耳の斜め下くらいでと波打つ太い血管のことです。 頚動脈は自分で触れてもわかるくらい、浅い位置を通っているため、他の血管部分と比べて、超音波検査(エコー)で 最も見やすい動脈です。
また、この頚動脈は超音波検査で見やすいだけでなく、動脈硬化が起こりやすい場所でもあります。
自覚症状がなかったとしても、頚動脈エコーで検査することにより、動脈硬化の早期発見が可能になります。

ページトップへ