内視鏡検査

診療日カレンダー

Doctor's File

患者の気持ち

携帯サイトQRコード

かわかみ小児科

当院では、胃・大腸内視鏡検査をおこなっております。
できる限り小さなうちにがんを発見(早期発見)するために、最新式の電子内視鏡システム、デジタルX線装置、高画質超音波画像診断装置などを導入し、豊富な実績を持つ専門医が迅速かつ正確な検査をおこない、最善の医療を提供しております。
当院での内視鏡検査は、患者様に可能な限り苦痛の少ない検査をご提供致します。

よく"無痛内視鏡検査"と文句がありますが、人体にカメラという異物が入っていくので全く苦痛がないというのは非現実的です。
カメラ検査の苦痛感は、胃カメラは「ウエッ」となる感じだったり、大腸カメラは腹痛です。ただこれらの感じ方は、おひとりおひとりで違います。

そこで当院では患者様のご要望によって胃カメラや大腸カメラのご負担をいかに少なくするか検査のやり方を工夫してご提供致します。

また、内視鏡技師を取得している看護師が2名おります。

当院では、最新の内視鏡システム「オリンパス社の内視鏡機器290シリーズ」を導入しています

胃内視鏡検査について

胃内視鏡には鼻からカメラを挿入する経鼻内視鏡検査と口からカメラを挿入する経口内視鏡検査があります。

経鼻内視鏡検査について

胃内視鏡検査

細くて嘔吐反射がでにくい分検査も楽ですが、処置が必要な病変が見つかった際、再度経口内視鏡を行わなければならないことがあります。
また、すべての患者様で経鼻内視鏡が行えるとは限りません。通常の口から行う胃カメラと違って、通過の際に必ず鼻腔粘膜に接触するので一定の率での鼻出血は避けられません。鼻腔内手術の既往があったり、鼻腔内の変形が強い方は検査を行うことができません。

また脳梗塞や狭心症・心筋梗塞などにおいてバイアスピリンやワーファリンなど血液が固まりにくくなる薬をお飲みの方も鼻出血を起こすためできないことがあります。
一般的には鎮静剤を使用せず、症状がない健康診断などに向いています。

尚、当院の経鼻内視鏡検査ではNBI装置によって早期がんを診断できます。

経口内視鏡検査について

経口内視鏡は経鼻内視鏡より少し太くなりますが、画像が高画質で微細な病変を見つけたり、ポリープ切除など処置・手術をしたりするのに適しています。
当院では鎮静剤を使用し、楽に検査を受けられるようにしております。

ページトップへ