消化器科

診療日カレンダー

Doctor's File

患者の気持ち

携帯サイトQRコード

かわかみ小児科

胸やけや吐き気、腹痛、便秘、下血などの症状に対する診断・治療を行います。
必要に応じ内視鏡検査、レントゲン検査、超音波検査などを追加し正確な診断に基づいた治療を行います。
当院で癌など手術治療が必要と診断した場合は、可及的に紹介病院まで行き手術治療に立会っております。また、術後に状態の落ち着いた段階で紹介病院から逆紹介していただき当院で経過観察を行っています。
その他、胃内ピロリ菌の除菌など、消化器専門クリニックとしての治療を行います。お気軽にご相談ください。

逆流性食道炎について

0000

逆流性食道炎とは胃酸が食道に逆流してきて胸やけなどの症状を起こすもので、人によっては喘息症状を起こすこともあります。内視鏡(胃カメラ)検査で食道の炎症を確認できる場合もありますが、内視鏡では異常が認められないのに症状がしっかりでる方もいます。
また逆に、内視鏡検査で炎症が認められるのに症状が全くないこともあります。

治療は症状と内視鏡所見を参考にして、食道粘膜を保護する薬と胃酸を抑える薬を併用します。

000

胃炎

胃炎や胃・十二指腸潰瘍は、胃酸などの攻撃因子と粘液などの防御因子のバランスが崩れた状態が、長く続くことでおこります。
これらのバランスを崩す原因には食事内容、ストレス、薬、ピロリ菌感染などがあります。

ピロリ菌とは胃内に棲息する菌で、ピロリ毒素(NH3)により胃粘膜障害を起こし、慢性胃炎、胃潰瘍の原因となります。さらには、ピロリ菌が胃内に持続感染していると、絶えず胃粘膜内に炎症が起こり、胃がんの引き金にもなると考えられています。
ピロリ菌感染が確認された場合は除菌治療を行います。

ページトップへ